ロマンスに揺れる約束。

秋雨の時期、空の機嫌は良くない。 夕飯の買い出しへ出掛け、済ませたと思ったら落ちてくる雫。 すぐ終わるだろうと傘も持たずに外へ出たものだから降る雨を前に途方に暮れる。 あぁどうしよう。濡れて帰るしかないか。 そう覚悟を決め歩きだそうとした時、隣に感じる人の気配。 隣に目を向ければ… 「あぁ、有岡さん。こん…