読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミとワタシの備忘録

太陽と洗濯物

解毒コーナー。

 

私の言葉って軽いなってふと冷静になった時に思うのです。

可愛い、かっこいい、好き…諸々有岡くんに対して使う言葉。ひとつひとつ意味のある言葉だけど何だかなぁ…。

 

そのモヤモヤの理由として大きく心にあるのは、気しない様にしてても数字にしてしまえば明確な応援してきた時間の差。

何でもっと早く好きにならなかったんだろう。今好きになった事に意味ってあるのかな。ずっと応援してきたファンがJUMPを支えて、突き進むJUMPを押し上げてここまで来て。そこに自分が加わって本当に加速する要員になれてるのかな?少しでもJUMPの力になれてる?

 

やっと大きくなったHey! Say! JUMP。勿論古株さんが報われるべきだって思ってます。ずーっと応援してきたから特別な時間が少しでも古株さんに向けられればいいなって。たけどそれを阻んでるのは増えてきた新規ファン?でもそれは意図的ではなくて。少しでも古株さんに寄り添いたいのが個人的な本音。逆に寄り添おうとしない新規ファンは私も好きじゃないです。よくTwitterで見る、JUMPコールや曲中のレスポンスの声が小さいとか…コールの仕方違うとか…今までのスタイルを壊すなんてのは良くない。それが新規が増えての事態なのかは定かではないけれども少なからずあるのなら、号に入っては郷に従え ですよね。新規のせいにする前に小さいとか言ってる人が発信すべき!って言ってくださる方もいてそれはそれで新規ファンは安心するところもあるので本当にありがたい。

でもそこで胡座をかくんじゃなくて、寄り添いたい。

 

ファンって難しい。グループが大きくなればなるほどそこの歪みも大きくなるし、その歪みを繋げる事は容易くはない。お互い一つのグループを応援したいだけなのに。

でもそれぞれのプライドがあるのは当然だから全部否定も容認も出来ないんだって事も分かる。

 

ああ、何が言いたいのか。笑

こんな事言ってたって時は過ぎるだけでJUMPは突っ走って行くだけなのに。

割り切りたいけど結局考えてしまうループが出来上がってて。でもしょうがないのかなって。初心忘れ防止にもなるなってポジティブに生きよう、そうしよう。

 

読んでくださった方、お前何様だよって感じですよね。笑

すみません、個人的な解毒コーナーなので御容赦ください!