読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミとワタシの備忘録

太陽と洗濯物

一般人な彼と出会いたいシチュエーションセレクション。

皆さんこんにちは!!!…こんにc(

8連勤中の そう です。

 

みなさんはライブ以外でも自担に出会いたい!そう思いませんか?( )

プライベート、ロケ中…ライブ以外で遭遇出来たら何となく特別感が違いますよね。

ライブだと何千人、何万人と一緒にJUMPと会っているけど他だと 今この瞬間この人に会っているのはそう、この私!!!この瞬間人生一番の〜BEST!!!という訳です。(どういう訳だよ)

しかしそうそう遭遇出来るものでもないし、ましてやプライベートで会っても極力お邪魔したくない(というか騒ぎ立てたら良くない)

 

そこでだ!!!

 

一般人な彼と出会いたいシチュエーションセレクション〜!(提供:私)

 

この妄想セレクションを使って、いつもはキラキラスーパーアイドル・Hey! Say! JUMPな彼らを一般人とし、誰にも騒がれず出会おうじゃないですか!という謎の妄想企画です。ええ、自己満です。

お相手は特に指定しませんが、当方有岡大貴くん担当の為有岡くんを想像して書いていきます。是非自担様に置き換えて妄想してください〜

それではSTARTꙬ꙳

 

①ナンパ

仕事終わり、夜道を1人で歩いていると〈オネーサン!今帰り〜?良かったら一緒に飲みに行かない〜??〉なんてべろべろの酔っ払いに絡まれる。

最悪、めんどくさい。丁重にお断りしようとした時…『ちょっと先輩!やめてくださいよ、恥ずかしい!』と止めに入ってくれたのは酔っ払いの後輩らしき人。

『すみません、この人酔っ払ってて………あのっ!〈ねぇ〜〜そこの君〜〜!!!〉

何か言おうとした声を遮るように他の女性に絡む彼の先輩の声が聞こえて、

『あ~〜~もう、あの人は〜〜!!』なんて言ってまた止めに向かおうとする彼を不憫に思いながらも、"今のうちにそそくさと帰ってしまおう"と「あの…私はこれで…」と声をかけ踵を返す。

すると『えっ!あ……あのっ!!!!』と声をかけられたからまだ何かあるのかと振り返る。

 

『あの…すみません、先輩のナンパを止めておいてなんですけど……俺、貴女に一目惚れしてしまいました…よかったら連絡先教えてもらえませんか…?あと…やっぱり一緒に飲みに行きませんか…?』

 

お酒のせいか、それともこの告白のせいか耳まで紅くして目を潤ませる彼の誘いを断ることなんて出来なかった。

 

........................................................................

まず1つ目。ナンパをされ、止めに入ってくれた後輩くんにまんまと殺られる設定です。

一目惚れしました って世界最速の告白な上にどストレート。ドキドキしないわけが無い!!!

もっと言えば有岡くんのきゅるきゅるおめめが潤んでて!?顔も真っ赤で!?照れ笑いなんかされた日にはもう 命日だわ........ †

 

 

 

とまぁこんな感じで書いていきたいと思ったのですが!

一つ一つが長すぎて読み疲れると思うのでまた次回のブログでシチュエーションを書いていこうと思います (意外と時間がかかるのです←)

 

では今回はこの辺で〜〜Ꙭ꙳