読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミとワタシの備忘録

太陽と洗濯物

一般人の彼と出会いたいシチュエーションセレクション PART Ⅲ

 

③CDショップ

 

 街の外れにある小さなCDショップ。ここはなかなかの穴場で知る人ぞ知る!なCDが置かれているマニアックなお店。

今日も立ち寄ると… "またいる…"

最近見かける多分同い年くらいの男の子。

ヘッドホンを首にかけて、背中にはベースギターを背負ってて、私のお気に入りのコーナーの前に立っている。

"行きずらいなぁ…" でも今日は、好きなバンドのCDの入荷日だから何としても手に入れなければいけない…!

意を決してCDを探しに行く。

滅多に人が来るお店じゃないから店内には私と彼だけ。謎の緊張感。

 

" あっ、あった!!" 目当てのCDを見つけ取ろうとする。

 

 

……ちょっと、店員さん何で一番上に置いたんだ……必死に背伸びをしても届かない。

諦めて店員さんを呼ぼうとした時、 『はい!』とCDを差し出された。顔を上げると隣にいた男の子が『これ取りたかったんですよね?』と手渡してくれて。

取れずにバタバタしてたところを見られてたと思うと恥ずかしくなり、俯いてお礼を言う。

「ありがとうございます…」

『いえ!そのバンドいいですよね!俺も好きなんです』

「そうなんですか。なかなか知ってる人少ないですけど…かっこいいですよね。」

 

『ですよね、何でみんな知らないのかな〜?知ってるの俺たちだけなんですかね?』

なんて冗談を言いながらはにかむ彼に少し見惚れてしまった。

 

『あ、そうだ!お姉さんバンドお好きなんですよね?…はい!プレゼント!』と言って彼はとあるバンドのライブチケットを差し出す。

 

『俺バンド組んでて、今度ライブやるのでぜひ聴きに来てください!』

「えっ…そんなタダでなんていただけません!」

こんな小さなCDショップで初めて話したばかりの私にチケットをプレゼント!?インディーズバンドはこの収入が大切なんじゃないの!?と一気に考えを巡らせる。

 

すると彼は、

『…なんてライブは口実で、また貴女とお話してみたくて…ここじゃいつ会えるか分からないじゃないですか?だからこじつけ!笑…あっ!やっべ!メンバー待たせてる!!!あの!来てくださいね!…絶対ですよ!!じゃあ!!!』

と恥ずかしかったのか早口で喋って、待たせてるというバンドメンバーの元へと向かうためCDショップを足早に去っていった。

 

いきなり1人になった空間で、貰ったばかりのチケットから彼の温もりを感じる。君はどんな歌を歌うんだろう。あの笑顔だけじゃ分からないから、って理由をつけて私は君に会いに行くんだ。

 

.................................................................

 

第3弾 CDショップでの出会いでした!

CDショップとか本屋さんとか、隣に人がいると気まずくないですか?私だけ?でもそんなお隣さんが素敵な人だったらなぁと思って書きました。

これイメージ完全に… 光くんです。

いや、某八乙女担が拗れればいいなと思って(作為)

読み返すと普通に乱文です、ごめんなさい。

この企画自分で言い出しておいて普通に難しい( ◜ᴗ◝ )☜

ということで3回更新でお届けしました  一般人の彼と出会いたいシチュエーションセレクション いかがでしたでしょうか?好きな彼には出会えましたか?

最近繋がったフォロワーさんには私の妄想癖がバレてしまったなという懸念だけが残りましたが個人的には大満足です(大声)

また何かいいのがあれば書きたいと思います。

あと真面目なブログも書きたいです。頑張ります。

 

ということで今回はこの辺で〜Ꙭ꙳

一般人の彼と出会いたいシチュエーションセレクション PARTⅡ

 

前回のブログテーマ、第二弾です!

 

 

②通学路(電車)

 

毎朝毎朝、満員電車に揺られる中イヤホンから流れてくる音楽だけが癒し…なのに!今日に限ってイヤホンを忘れてきてしまった。いつもより混む車内。座席もいっぱいで立ってるしかない。

電車が揺れる度近くに立つ人に押し潰されそうになる。" あぁ…早く着いて…" そう願っても耐える事しか出来なくて。

"もうやだ〜…" そう思ってたら少し圧迫感が無くなって何かと思えば自分を庇うように横に立ってくれてる男の子が。制服が違うから他校の子らしい。

『大丈夫ですか?潰されそうになってたから』

「あ、ありがとう…ございます」

知らない子だけど助かった…いつもこの電車なのかな…

そんな事を考えているとまた大きく揺れる電車。少しバランスを崩して近づく彼との距離、ふと香る匂いにドキっとして、結局 "早く着いて…" と願う。

 

しばらくして最寄り駅に到着。彼も同じ駅だったようで一緒に降りる。

「庇ってくれてありがとうございました、」

『いえいえ!かなりキツそうだったので!

 

あと…実はいつも電車で見かけてて気になってたんです。いつもイヤホンしてるから声かけずらくて…今日はラッキーでした!じゃ…また電車で!

  

そう言って背を向けて歩いていく彼。

次はいつ会えるんだろう……しばらくイヤホンは、 控えようかな。

 

.................................................................

 

第二弾は通学中の満員電車にて。

イヤホンを忘れて付けていなかったので勇気を出して話しかけてくれた彼…可愛い!!!

有岡くんの場合は逆にヘッドホン付けてそうですけどね(・д・)♪

あの赤いの付けられると話しかけるなんて無理だから外しててね?(?)

 

と言うことでPARTⅡはここら辺で〜Ꙭ꙳

一般人な彼と出会いたいシチュエーションセレクション。

皆さんこんにちは!!!…こんにc(

8連勤中の そう です。

 

みなさんはライブ以外でも自担に出会いたい!そう思いませんか?( )

プライベート、ロケ中…ライブ以外で遭遇出来たら何となく特別感が違いますよね。

ライブだと何千人、何万人と一緒にJUMPと会っているけど他だと 今この瞬間この人に会っているのはそう、この私!!!この瞬間人生一番の〜BEST!!!という訳です。(どういう訳だよ)

しかしそうそう遭遇出来るものでもないし、ましてやプライベートで会っても極力お邪魔したくない(というか騒ぎ立てたら良くない)

 

そこでだ!!!

 

一般人な彼と出会いたいシチュエーションセレクション〜!(提供:私)

 

この妄想セレクションを使って、いつもはキラキラスーパーアイドル・Hey! Say! JUMPな彼らを一般人とし、誰にも騒がれず出会おうじゃないですか!という謎の妄想企画です。ええ、自己満です。

お相手は特に指定しませんが、当方有岡大貴くん担当の為有岡くんを想像して書いていきます。是非自担様に置き換えて妄想してください〜

それではSTARTꙬ꙳

 

①ナンパ

仕事終わり、夜道を1人で歩いていると〈オネーサン!今帰り〜?良かったら一緒に飲みに行かない〜??〉なんてべろべろの酔っ払いに絡まれる。

最悪、めんどくさい。丁重にお断りしようとした時…『ちょっと先輩!やめてくださいよ、恥ずかしい!』と止めに入ってくれたのは酔っ払いの後輩らしき人。

『すみません、この人酔っ払ってて………あのっ!〈ねぇ〜〜そこの君〜〜!!!〉

何か言おうとした声を遮るように他の女性に絡む彼の先輩の声が聞こえて、

『あ~〜~もう、あの人は〜〜!!』なんて言ってまた止めに向かおうとする彼を不憫に思いながらも、"今のうちにそそくさと帰ってしまおう"と「あの…私はこれで…」と声をかけ踵を返す。

すると『えっ!あ……あのっ!!!!』と声をかけられたからまだ何かあるのかと振り返る。

 

『あの…すみません、先輩のナンパを止めておいてなんですけど……俺、貴女に一目惚れしてしまいました…よかったら連絡先教えてもらえませんか…?あと…やっぱり一緒に飲みに行きませんか…?』

 

お酒のせいか、それともこの告白のせいか耳まで紅くして目を潤ませる彼の誘いを断ることなんて出来なかった。

 

........................................................................

まず1つ目。ナンパをされ、止めに入ってくれた後輩くんにまんまと殺られる設定です。

一目惚れしました って世界最速の告白な上にどストレート。ドキドキしないわけが無い!!!

もっと言えば有岡くんのきゅるきゅるおめめが潤んでて!?顔も真っ赤で!?照れ笑いなんかされた日にはもう 命日だわ........ †

 

 

 

とまぁこんな感じで書いていきたいと思ったのですが!

一つ一つが長すぎて読み疲れると思うのでまた次回のブログでシチュエーションを書いていこうと思います (意外と時間がかかるのです←)

 

では今回はこの辺で〜〜Ꙭ꙳

JUMPの歌声を例えてみた件。

 

私は今、一人暮らしをしております。

実家は県内なのですが車で下道約2時間。

皆さん体験されてると思いますがコンサート申し込み時期は特に金欠状態なので、高速道路は使わずに下道で実家とアパートを行き来しております。

その往復4時間、ずーーーっとHey! Say! JUMPの楽曲を流して黙々と…いや大声で歌いながら運転しているんですけど、そんな中ふと思ったのです。

 

メンバーそれぞれの歌声をお菓子、スイーツに例えたら何になるのか

 

何故ふと思った事がこれなのかはよく分かりませんが、ちょっと書いてみたいと思います。曲にもよるので一概には言えませんが雰囲気で感じ取ってもらえると有難いです。また、1有岡担の個人的な意見なので他メンバーの歌声の ここが! っていうところに気付けていないかもしれません。が、苦情は受け付けません。☜

 

1.山田涼介 ガトーショコラ

とにかく甘い声。この声で何万人のファンを虜にしたのか。本人がバラード好きだからかやっぱりバラード向きな声な気がする。しっとりと歌い上げる感じが堪らないし、バラード歌わせたら最強。しっかり芯のある声だけどビブラートも綺麗だからめちゃくちゃボイトレしたんだろうなぁと勝手に想像。ずっと甘いだけじゃなくほろ苦さで大人っぽさだったり、ここにホイップクリーム(甘さ控えめ)を添えて爽やかな声にもなるからほんと未知数。という事でガトーショコラ。

 

2.中島裕翔 チョコミントアイス

爽やかの象徴みたいな歌声。ひとつひとつの歌詞を丁寧に歌う感じ。一ノ瀬歩くん並みの好青年さ。☜

『Mr.Flawless』では雄也くんのエロさと薮ちゃんの帝王感でちょっと重めなところにさらっと入ってくるチョコミントアイスボイスが素敵。その爽やかさで女の子落としちゃうぞ♡っていう感じ。許せる。喜んで落ちる。ちょっと小悪魔。チョコミントアイスボイスって言い難い。

 

3.知念侑李  フルーツタルト

まず見た目がキラキラしてるから THE アイドル な知念ちゃんみたい。ちょっと高めなキーの声が可愛らしい感じでケーキの可愛さとマッチ。でも土台はしっかりしてて通る声=タルト生地。ただ可愛いだけじゃなくラップは男っぽく、スクラッチ音も卒なくこなす。色んな面を見せてくれるというところからも、色んなフルーツが乗ってるフルーツタルトって事で。

 

4.岡本圭人 ティラミス

普段の歌声は鼻にかかった感じの優しい印象だけど、英語詞になるとゴリッゴリになる圭人さん。(別にゴリラとかけてないからね) マスカルポーネチーズのクリームが甘くも爽やか〜と思いきや食べ進めると強めなコーヒーの味に変わるところが圭人の声の対比と似てる気がする。 

 

5.有岡大貴 キャラメルポップコーン

有岡くんはV6の剛くん同様キャラメルボイスでは?山ちゃんとはまた違う甘い声。重たくなくてふわふわしてて。オスな雰囲気出しててもあんまり声質は変わらない。結構軽めな声質。でもそこがいいんですよね〜!軽率に恋するイケボ!最高!(有岡担のため反応に偏り出てます、悪しからず)

 

 

6.伊野尾慧 キャンディ

八乙女光曰く"ムカつく声"な伊野尾さん。うまく表現出来ないけど特徴的な声質がコロコロとしたキャンディな感じ。伊野尾さんはどのジャンルを歌っても声色とかあまり変わらないイメージなので最初から最後までずっと同じ味で美味しいところが一緒かなと。やっぱり可愛いしね。え?男なところもあるって?そんな時は男梅キャンディイメージしておいてください。☜雑

 

7.八乙女光  パフェ

1番悩んだ…光くんが決まらずこの記事を一ヶ月以上溜めてたと言っても過言ではない。1番声色のバリエーションが多くて何に例えたらいいのか難しかったけどパフェかな!可愛い声も男な声も色々使い分けられるところが何でも乗ってるパフェみたい。フルーツパフェ!

 

8.髙木雄也 ウイスキーボンボン

バッカスとかラミーとかあるけど雄也くんの場合はそんなスーパーで買えるやつじゃなくてもっとデパートとかで売ってそうなお高いチョコレート。とにかくセクシーで大人な声が特徴的。甘いチョコと大人なウィスキーの組み合わせは正に雄也くんの歌声かと。雄也くんは声でファンを抱ける(と思っています) エロさだけじゃなくて少し掠れた感じが切なくてバラードでも映えるから万能ボイス。最近はオネエオネエと言われているけど歌わせれば1番男の人な気がする。

 

9.薮宏太 ホットケーキ/パンケーキ

薮ちゃんは断然ホットケーキ(パンケーキ)!個人的な事なんだけど小さい頃のおやつってホットケーキが多くて昔から好きなんだけど、今もパンケーキって流行ってる。色々と進化して。薮ちゃんも昔から歌ってきてもちろん当初からうまかったけどより一層進化して今に至るし、やっぱり安定感があるからどっしりしたホットケーキなイメージ。パンケーキとなれば甘いだけじゃなくておかず系にもなる。おかず=ハモリにも回れる薮ちゃんみたいにオールマイティなお菓子。Chiku Taku最強。

 

 

こんな感じで考えてみたのですがいかがでしょう!?ほんとに個人的見解なので皆さんの共感を得られるかは分かりませんが( Ꙭ)💭

9人9色みんないい声してるJUMPがまるっと愛おしい!それはみんな共通ですよね!…ね!☜

 

またJUMPの歌声が聴きたい!ツアーが待ち遠しいですね!早う!

1209のベイジャンでふつおたが読まれた件。

 

前の投稿でお話したオリジナルカラオケの事を JUMPdaベイベー に何の気無しに投稿してみました。

ラジオで読まれた事なんて無かったので、まぁ今回も無いな〜なんて。

 

 

読まれた…

 

 

こんな事ってあるんだなぁ…

次の日が所属してる吹奏楽団の本番だったので私は寝ておりました。

朝起きたらLINEとTwitterの通知。

何だ!?と思ったら『ベイジャン読まれたよ!』って…………え?☜

何が起きているのこの世界に〜( ˆ_ˆ )と思いました。

後々YouTubeで聴くと本当に読まれてた……

皆さんご存知の通り文章力なんて微塵も持ち合わせてないものですから雄也くんの読みにくそうなこと…。゚(゚^^゚)゚。

もうちょい丁寧に書けばよかった…☜

有岡くんの反応はと言うと…

(・д・)おっ、ツウだね!

 

可愛い。゚(゚^^゚)゚。☜

 

何だかちょっと嬉しそうにしてくれてて、

投稿した私も嬉しい…(にやにや)

 

でも本当にオリジナルカラオケ聴くのおすすめです〜

Fantastic Timeをベスアで歌った時にバックの音楽も声と同じくらい聞こえてきて感動したのです。

目から鱗ですよ〜!

 

と、この記事を書き終わる頃には Give Me Love も発売されてしまった…下書きに放置し過ぎました…

新曲も良きですね!また2月新曲が出ますね、スパンが…ヽ(;▽;)ノ

10周年だし大目に見ますか…今年は忙しいぞ〜💨

 

ベイジャンでお便りが読まれて嬉しい!というただの思い出記事でした〜

オリジナル・カラオケからわかるJUMPの歌唱力の高さ。

 

 

どのアーティストもだと思いますが、シングルを買うと一緒に入っているオリジナル・カラオケの音源。

皆さん聴いていますか?

とりあえずCDを1周するでしょうから1回は聴くと思いますが、プレイヤーには入れない人もいると思います。

 

これ聴くと面白いんです!

(個人的には)

 

例えばFantastic Timeのカップリング、Never Let You Go 

聴いてみると割と単調なリズムで進んでいく曲です。多分耳コピで吹ける弾けるぐらい簡単かと。4分音符、8分音符、16分音符 ぐらいでしか出来てないです。少しリズムを動かしたり、同じリズムを2音で鳴らしてるぐらいであまり大きい動きはしてないです。

音域も同じく、ベースで鳴っているブラスの音域はそこまで広くなくてとても簡単です。

 

ベース中心のこの曲であそこまでかっこよくなる理由はただ一つ。

 

JUMPの歌唱力が高いから

 

1人1人の声に個性があってしかも9人の大所帯。組み合わせやら何やらバリエーションが豊富だし、何より個々の歌唱力が高い(と勝手にみている)からどんなに重心低めの楽曲でも華やかになるんだと思ってます。

いつかピアノ伴奏とかギター伴奏だけのほぼアカペラな曲を全員で歌ってもらいたい願望。Star Timeみたいな曲希望。

 

そしてJUMPの歌唱力を邪魔せずより引き立たせている楽曲を作った作曲者さん最&高です。ありがとうございます(土下座)

 

次のシングルのオリジナル・カラオケも楽しみです、わくわく。

 

皆さんもじっくりオリジナル・カラオケを聴いてから歌詞入りを聴いてみてはいかがでしょうか。

解毒コーナー。

 

私の言葉って軽いなってふと冷静になった時に思うのです。

可愛い、かっこいい、好き…諸々有岡くんに対して使う言葉。ひとつひとつ意味のある言葉だけど何だかなぁ…。

 

そのモヤモヤの理由として大きく心にあるのは、気しない様にしてても数字にしてしまえば明確な応援してきた時間の差。

何でもっと早く好きにならなかったんだろう。今好きになった事に意味ってあるのかな。ずっと応援してきたファンがJUMPを支えて、突き進むJUMPを押し上げてここまで来て。そこに自分が加わって本当に加速する要員になれてるのかな?少しでもJUMPの力になれてる?

 

やっと大きくなったHey! Say! JUMP。勿論古株さんが報われるべきだって思ってます。ずーっと応援してきたから特別な時間が少しでも古株さんに向けられればいいなって。たけどそれを阻んでるのは増えてきた新規ファン?でもそれは意図的ではなくて。少しでも古株さんに寄り添いたいのが個人的な本音。逆に寄り添おうとしない新規ファンは私も好きじゃないです。よくTwitterで見る、JUMPコールや曲中のレスポンスの声が小さいとか…コールの仕方違うとか…今までのスタイルを壊すなんてのは良くない。それが新規が増えての事態なのかは定かではないけれども少なからずあるのなら、号に入っては郷に従え ですよね。新規のせいにする前に小さいとか言ってる人が発信すべき!って言ってくださる方もいてそれはそれで新規ファンは安心するところもあるので本当にありがたい。

でもそこで胡座をかくんじゃなくて、寄り添いたい。

 

ファンって難しい。グループが大きくなればなるほどそこの歪みも大きくなるし、その歪みを繋げる事は容易くはない。お互い一つのグループを応援したいだけなのに。

でもそれぞれのプライドがあるのは当然だから全部否定も容認も出来ないんだって事も分かる。

 

ああ、何が言いたいのか。笑

こんな事言ってたって時は過ぎるだけでJUMPは突っ走って行くだけなのに。

割り切りたいけど結局考えてしまうループが出来上がってて。でもしょうがないのかなって。初心忘れ防止にもなるなってポジティブに生きよう、そうしよう。

 

読んでくださった方、お前何様だよって感じですよね。笑

すみません、個人的な解毒コーナーなので御容赦ください!